大阪統括マネージャー

本井 裕士

・2010年3月 アルバイとしてト入社
・2013年10月 アルバイトから社員へキャリアアップ
・2014年10月 烏丸今出川店店長就任
・2015年2月 関大前店店長就任
・2017年5月 マネージャー就任

INTERVIEW

私とマルクスの出会い

マルクスに入社を決めた理由

大学在学中にばちや1号店である御薗橋店でオープニングスタッフとしてアルバイトをしていました。店舗を経営している社長を間近で見ているうちに自分も社長になりたいと思うようになりました。山田社長に絶対の信頼を置いていたのでマルクスに入ることを決めました。

仕事中心掛けていること

「絶対にできない」など言い訳をしないように心掛けています。仕事をしていると色々な問題が発生し、壁にぶつかることも多いですが、どんなに困難な問題でも「絶対にできない」ではなく、「どうすればできるだろう」と考えるようにしています。
壁を乗り越えた後は本当にやってよかったと思えます。高ければ高い壁のほうが気持ちいいんです!

自分にしかできない自分のいいところ

私の得意なことは信頼関係を構築していくことです。メリハリのある指導をモットーに、相手のことを第一に考えることで一緒に働いている間だけではなく、退職後も付き合いがある程の関係を結ぶことができるところが自分のいいところだと思います。

これから挑戦していきたいこと

マルクスを退社し、独立することが決定しています。今は1店舗をオープンさせ、成功させることが目の前の目標です。
そして、複数店舗を経営したいと思っています。いつかマルクスと肩を並べることが、今まで自分を育ててくれたマルクスへの恩返しになると思っています。

WORKDAY & HOLIDAY

ある日のマルクスでの働き方と休日の過ごし方

WORKDAY出勤14:00~退勤22:00

14:00 社内会議

社長、本部長と各店舗の状況報告、今後の指導方針などを話し合います。状況に合った課題を見つけ出し、その課題をクリアする具体的な行動計画を考えます。社内会議を重ねることでより良い会社、お店作りができていると思います。

16:00 店長との面談

各店舗の店長とは主に一緒に目標を決め、それに対するフィードバックを定期的に行っています。フィードバックでは『なぜ』を追及するようにしています。
成功にも失敗にも必ず理由があり、その理由を理解することでレベルアップを図ります。

18:00 現場での教育

お店を運営するにあたって、1番大切なのは『人』です。スタッフを指導し、一人一人がレベルアップすることが、お客様満足度向上につながると思います。指導するために自分のビジョンをしっかり持ち、全員がその理想のビジョンに向かえるようサポートしています。

HOLIDAY私の休日の過ごし方

趣味や職場のみんなと遊ぶ

休日は趣味の魚釣りに出掛けたり、季節によっては、社長やアルバイトと一緒にジェットスキーで楽しんでいます。連休をとって旅行にもよく行っています。プライベートが充実すると仕事にも力が入るので、できるだけ家でゴロゴロしないようにしています。

MESSAGE学生のみなさんへ

就活をする中でゴールを見失ってしまいがちです。僕自身がそうだったのですが、最初は就職してからの未来を想像しながら就活をしていたのですが、いつしか内定をもらうことが目標になっていました。結果、1度転職をしています。皆さんには、就職してからの未来、10年後、20年後、定年後の未来を想像して就活をして頂きたいです。そうすれば、自ずと自分のライフプランの中で譲れないモノが生まれます。その価値観を大事にしながら就活をすることで会社選びもうまくいくと思います。今まで経験したことのないことで大変ですが、今しか体験できません。一生に一度の新卒での就活を後悔のないよう頑張ってください!

SHOP LIST

マルクスの運営する店舗一覧

  • いも松
  • ばちや
  • 馳どり屋

ENTRY

まずはマルクスの説明会予約や求人にエントリー。
募集概要や選考フローなどをご案内します。多くの可能性に満ちた、あなたのご応募をお待ちしています。